髭剃りによって肌荒れを引き起こしてしまい、そのトラブルに悩まされている男性は少なくありません。
普段から肌のケアが不十分で、乱暴に扱いがちな男性だからこそ気を付けなければならない点が多くあります。
お肌の事なんて考えた事がない、と言うような初心者の男性でも手軽にできるトラブル防止の方法をご紹介しましょう。

「髭剃りのタイミングを図る」

シェービングは、朝行う人と夜行う人で大方2タイプに分けられます。
特に伸びやすい人は朝から剃らなければ、午後から青髭が目立ってしまいます。
一方で、夜中にお風呂の中で剃る方が快適だし十分だと言う方もいるでしょう。
しかし、実は朝の方が肌のコンディションが良いと言う事はご存知でしたか?
肌の水分量などの調子が良い朝に剃る事で、髭剃り負けを大きく防ぐ事ができるのです。
タイミングを変えるだけで違いが生まれるので、誰にでも実践しやすい方法です。
ただし、起きてからすぐに剃ると逆効果ですので注意して下さい。

「複数の歯が付いたカミソリを使う」

深剃りを実現させるために、昔からT字カミソリで処理している男性も多いでしょう。
その場合、単純に1枚・2枚刃の安物を使うのではなく、少なくとも3枚刃以上の多い刃のタイプを選ぶのが適切です。
多いと逆に肌を傷付けそうなイメージもありますが、実は毛が引っかかる力が分散されるため、多いほど肌を守る事に繋がります。
繊細で丁寧な毛の処理が可能となり、少量のものと快適さが全く違うのが実感できます。
価格は高くなりますが、肌の健康を保ちたいなら勝っておいて損はありません。

「カミソリは定期的に買い替える」

倹約している方は、当たり前のように同じカミソリをずっと使い続けているケースもあります。
しかし、これは刃先がボロボロになっているばかりか、衛生的にも良くないので肌への負担は非常に大きくなりがちです。
製品によってピンキリですが、大体1週間~2週間くらいを目安に交換するようにしましょう。
もちろん、丁寧に管理しておけば交換時期を遅らせる事も可能です。
付着した水滴は必ず綺麗に拭き取り、カバーを装着して保存すると言った工夫をしましょう。
お風呂場など、湿気の多い場所で保管するのはNGです。雑菌を寄せ付けたり、サビる原因となってしまいます。
しかし、いくら丁寧に扱っているからと言って、永久に使い続けられる訳ではありません。
製品の寿命を剃り心地や目視から読み取って、正しいタイミングで交換を検討する事が大切です。

私はここを参考にしました⇒髭剃り負け

関連記事


    体毛が無くなり肌がすべすべになる 顔剃りするとスキンケア効果が得られると言われています。 これは肌表面に出ている体毛が無くなるからです。 体毛が生えている状態で肌を触るとざらつき感がありますが、体毛が…


    これまでかなり濃いヒゲで悩んできたという方も多いと思います。 そういう方におすすめなのがゼロファクターという5αSPローションです。 では、どうして普通にヒゲの脱毛をしないでこのゼロファクターという抑…


    髭の臭いが電気シェーバーに移ることが 髭は汗が出やすい顔に生えているため、臭いが発生し易いです。 昔はフェロモンを出して異性を惹きつけると言う働きがありましたが、現代では女性に嫌われる存在となりました…


    ヒゲ脱毛をするときはMEN’S(メンズ)TBCのニードル式が便利です。これならうなじを含めた顔の何十箇所をまとめて脱毛できます。ボディの脱毛をするときは幅の広さからエピラッシュ光脱毛がおすすめです。 …


    男らしい姿を象徴するには、ヒゲという存在が不可欠になっていた時期とは異なり、現在は清潔感がある環境が好まれます。 そこでヒゲに対するコンプレックスが発生しており、特に若者においては脱毛や抑毛といった女…