日本全国で一般家庭や企業の間で利用が増えている太陽光発電ですが、日本の場合雪国とその他の地域では年間を通しての発電量に差が生まれてくる事が有ります。
これは雪の多い季節(冬)になると、毎日の様に雪が降り続く事も有りますが、冬場の日照不足も大きく影響しております。
日本の場合、秋田県、青森県、北海道、富山県、山形県、石川県、福井県、新潟県、岩手県、鳥取県における1年間当たりの太陽光発電量は全国平均の発電量よりおおよそ10%から20%程下回ってしまう事が判ってきております。
しかしこれらの地域でも設置する太陽光パネルによっては他地域と同じ様な発電量を確保する事も可能で、発電装置を導入した事による採算が合う物を選択する事が出来ます。
特に海外のメーカー(カナダ等)には日本の太陽光パネルにも劣らない高性能な発電能力を持つ物も有りますので、一度調べて見る事をお薦めします。
又、雪国には付きももの積雪に対する備えも欠かす事が出来ませんが、特にパネル面の耐性が高い物、雪の重みにも耐えられる荷台が求められます。
更に積雪の大変多い地域で無くても雪がちらつく様な日が多い地域では「全天候」に対応できる太陽光パネルも有り、日照量の少ない事をカバーする事が出来ます。
とにかく雪国で日照時間が少ないとあきらめ無い事が大切です。
太陽光発電について詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 雪

関連記事


    これから自宅ので電力を太陽光発電にしたいと思っている人も多いかと思います。 ですが、これから自宅の電力を太陽光発電にしようと思っているなら少し考えておいた方が良い事があります。 それは安易に太陽光パネ…


    家の近くに太陽光発電所が出来ました。 家から300メートル程の近さです。 電磁波の影響があるかもしれないと思い調べてみました。 太陽光発電から電磁波は出ているようです。 しかし、人体に悪影響を与えるこ…


    一般的にメンテナンスフリーと言われている太陽光発電システムですが、機械である以上、寿命はあります。 国が定める法定耐用年数は17年とされており、売電価格については10kw未満で10年間が固定期間、10…


    太陽光発電を含むクリーンなエネルギーの導入を促進するため、さらには多種多様な発電源を確保するためにマレーシアではFiTというシステムを導入し始めました。 対象は個人の投資家、事業主、家主、そして農場経…