化粧水をコットンでつけるときの正しい方法を知っておくことで、より効果的に化粧水の成分を肌に届けやすくし、効果を高めることにつながります。
コットンは肌に刺激を与えてしまうというイメージもありますが、正しいやり方を知っておけば刺激を与えることなく、コットンで有効的に水分補給をすることができます。
化粧水をコットンでつける場合の方法は、まず、コットンの裏側まで十分に塗れる位化粧水をつけます。
コットンを利き手に持ち替えて、人差し指と薬指、もしくは人差し指と小指で挟んで持ちます。
付け方は、顔の内側から外側に向かって頬や額など広い部分から付けていき、鼻、あごと丁寧に拭くようにつけます。
使用している化粧水が収れん化粧水であれば、上記の順で優しくパッティングしていきます。
そのまま首へ移動し、首の下から上へ向かって拭くようになじませます。
それでも足りない場合は、同じコットンに少量の化粧水を足して繰り返します。
コットンは繊維が肌を傷つけてしまうという面がありますが、これは使う人の肌の状態によるものなので、特に大きな肌トラブルの無い人は問題なくコットンでしっかり水分補給できます。
使うコットンにも気をつける必要があります。
肌に優しい、高品質のコットンを使用するようにしましょう。
コットンの使い方、選び方次第で、化粧水の効果を高めることができると言えます。

もっと詳しく知りたい方はこちら⇒化粧水 コットン

関連記事


    よく乳液がべたつくといいますが、それって本当に乳液のせいでしょうか。 実はその前につけている化粧水のせいかもしれません。 乳液の前に必ず使用する化粧水ですが、そもそもみなさんは化粧水と乳液の役割をきち…


    自分のスキンケアを大切に行っていく事は多くの方にとっても大変重要な事となるのです。 普段の自分の生活を楽しんで行く中でスキンケアを大切に行っていく事は大変重要な事となるのですから普段から自分にとってき…


    角栓の正体は、皮脂ではなく70%は古い角質でたんぱく質です。 そのため、オイルやホットタオルで溶かし出すことはできません。 オイルクレンジングでしつこくマッサージするようなことを続けると、角質層に傷が…


    自分のまつげが『薄く・短い』と目元が淋しい気がします。しかも、ただでさえ淋しい目元なのにマスカラやビューラーなどでまたまつげが抜けてしまって、より貧相なまつげになってしまったりとまつげには毎日毎日負…


    クリーミューには成分としてかなり特徴的なものが含まれています。 その1つがホワイトカオリンになると思うのですが、これはクリーミューの中でも根幹的な役割を果たしている成分と言えると思います。 このホワイ…