毎日シャンプーしてもなぜだかクサイ事がありますよね?
一生懸命シャンプーをしても全然においが落ちない困った経験はありますか?
その匂いは頭皮の匂いなのです。
歳をとるとどうしても頭皮から嫌なにおいが発生してしまいます。
なぜ頭皮が臭くなるかと言うと、様々な理由があるのですが大まかに言うと過剰分泌された皮脂がちゃんと排出できなかった古い角質などが酸化してしまったためこのような臭い匂いが発生してしまうのです。
古くなってしまった油は鼻にツンとした嫌なにおいがしますよね。
これと同様に皮脂や角質も長い時間酸素に触れてしまい変質すると、このような嫌な臭いを発生させてしまうのです。
それに皮脂や角質をエサにして雑菌が繁殖したりもします。
常在菌、かんたんに説明すると皮膚を清潔にキープするために常に存在している菌が異常繁殖してしまうのも臭いの原因の一つになります。
それに頭皮にはTゾーンの2倍もの皮脂腺があるのです。
この皮脂腺は人の体全身どこにでもあるのですが、その中でも特に皮脂腺が多いとされているのが頭皮なのです。
頭皮以外にも顔からデコルテにかけては皮脂腺が手足よりも多いのが特徴です。
頭皮レベルに
Tゾーンも皮脂分泌が過剰にある部位です。
頭皮の皮脂腺量はなんとTゾーンの2倍もあります!
それだけ頭皮は匂いが出やすい場所なのです。
自分ではなかなか気付いていなくても、頭皮は意外とベタついているのです。
ですので、ちょっと汗をかいただけでも酸化した皮脂の臭いが強く出てしまいます。

参考:クリアハーブミスト

関連記事


    私は友達の真理子と一緒にラピエルを買いました。 最初は真理子とふたりで小顔になってキレイになれればよいと思っていたのですが、私はぜんぜん小顔にはなれていません。 でも、真理子は以前よりも明らかに顔が小…